ご挨拶

みんなで 幸せになる政治を!

私は、地域を良くしたいとの思いから政治の道に入り、2期5年間の衆議院議員として国政の場で活動してまいりました。

国会議員の本来の仕事は、住む人が幸せに暮らせるように、法律を作って、より良い国にすることです。任期中には議員の中で最多の21 本の法律を提案しました。特に東日本大震災の復興事業の用地取得の特例に関する復興特区法改正案を立案・成立させ、被災地の復興を後押しすることができたことは私の誇りです。

ただし、もとより厳しい地域が、昨年は台風10 号の被害にも襲われましたが、住宅再建、事業再建等に対する支援が東日本大震災と比べて十分とは言えないことも事実です。また、今の政治状況については、誰かを敵にする分断の政治、強者の論理の横行、熟議の国会からはほど遠い現状が危惧されます。そして、相変わらず地域経済は良くなりません。

私は、国民の皆様みんなが幸せになる暖かい包み込むような政治を創り上げていくためにもう一度国会に戻りたいと思っています。いいかげんな国会をただし、立憲主義を守るだけでなく地域の衰退に歯止めをかけるためにも、政治のあり方を変えなければなりません。そのための受皿を作るためにも何としても国政に戻りたいと思っています。国政に戻れば、以前のようにすぐに仕事をする自信はあります。しかし、国政復帰には皆様のお力が必要です。皆様のご理解とご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

前衆議院議員 畑 こうじ  


畑こうじ 民進党 みんなで幸せになる政治を